0
¥0

現在カート内に商品はございません。

認知機能サプリメント・HASETOL(ハセトール) おすすめ商品 新商品

¥14,040 税込
商品コード: H-001
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
このようなことはありませんか?

その原因を改善しませんか?

まずは原因を知り、早く対策をすることが大切!


軽度認知機能障害の原因物質ホモシステイン酸(HCA)
血液中のホモシステイン酸(HCA)濃度によって、健常者(NC)と軽度認知障害者(MCI)の鑑別が92%の感度で可能であることをニプロ総合研究所が証明しています。(2019年9月)
世界認知症学会で発表(2020年7月) JAD(Journal od Alzheimer's Disease)に掲載(2020年8月)


「ホモシステイン酸」の減少に特化した、長谷川亨博士が開発したハセトール

厳選配合した成分は、それぞれの力を高め一層活力のある状態へと導く、配合バランスとなっています。



いつまでも自分でしっかりとしたい方に家族のことが心配な方に毎日の健康維持に冴えわたる毎日を。
加齢にともない食事量が減ると、脳に大切な成分の摂取量も減ると考えられます。
いつまでも明るく元気に、前向きな気持ちでいるためにも、不足しがちな栄養素等をサプリメントでしっかりと補いましょう。ハセトールは、高齢期の聡明生活を力強くサポートします。

製品紹介

活性酸素を生成する新たな生理物質「ホモシステイン酸(HCA)」と高齢期の認知機能のメカニズムに着目した長谷川理論式サプリメント。
名称フェルラ酸加工食品
原材料名
日本山人参(ヒュウガトウキ)葉粉末/フェルラ酸、焼成サンゴカルシウム、HPMC、ビタミンC、ナイアシン、結晶セルロース
内容量33.3g(370mg×90カプセル)
栄養成分表示
3カプセル(1.11g)当たり
エネルギー/3.4kcal、たんぱく質/0.06g、脂質/0.05g、炭水化物/0.68g、食塩相当量/0.002g
※仕様は予告無く変更になる場合があります。

長谷川理論とは?

ハセトールの開発者である長谷川亨博士は、長年の研究により高齢期の認知機能低下と血中ホモシステイン酸値に関連性があることを世界で初めて発見しました。日本ではアミロイドβ説が主流となっていますが、認知機能低下のメカニズムをホモシステイン酸値という別の視点から考えたこの長谷川理論は、今、サプリメント大国であるアメリカでも注目されています。
佐賀医科大学在職中から緑がアルツハイマーの予防に効果がある事を発見して、そこからアルツハイマー病とホモシステイン酸との関係を追求し、2010年にアルツハイマー病のモデルマウスでホモシステイン酸が記憶障害の原因である事を全世界で初めて発見しました。

アルツハイマー病の原因物質はホモシステイン酸(HCA)である


■ アルツハイマーのモデルマウスでホモシステイン酸(HCA)が記憶障害の原因であることを2010年に発見した。
■ 血液中のホモシステイン酸(HCA)濃度によって、健常者(NC)と軽度認知障害者(MCI)の鑑別が92%の感度で可能であることをニプロ総合研究所が証明した。

■加齢により腎機能が低下する。⇒ ホモシステイン酸の尿中放出減少
■加齢によりホモシステイン酸(HCA)の分解酵素が減少する。
■ストレスホルモンとホモシステイン酸(HCA)とは正の相関を示す。メタボ・糖尿病・高血圧などはストレスになる。
■ストレスを受けるとストレスホルモン(ACTH)が増えてきます。ストレスを受けなくてもホモシステイン酸が脳の中に増えると、ストレスを受けたと同じような現象が起こる。

■運動が認知機能改善に有効とされる理由は、運動するとBDNFという脳内ホルモンが発生し、eNMDA受容体を抑制し、ホモシステイン酸(HCA)の毒性を弱める。

ホモシステイン酸とは?

ホモシステイン酸は簡単に言えば私たちの体の中に、活性酸素を作り出す物質です。このホモシステイン酸が含まれている方は、老化が促進するという現象が見られます。



いつまでも自分でしっかりとしたい方に家族のことが心配な方に毎日の健康維持に冴えわたる毎日を。
加齢にともない食事量が減ると、脳に大切な成分の摂取量も減ると考えられます。
いつまでも明るく元気に、前向きな気持ちでいるためにも、不足しがちな栄養素等をサプリメントでしっかりと補いましょう。ハセトールは、高齢期の聡明生活を力強くサポートします。

カテゴリ一覧

ページトップへ